膝の痛みに飲んでアプローチ|衰え知らずなカラダづくり

男性

中年以降に

人体

健康的に

グルコサミンは膝の痛みを和らげてくれる成分の1つです。若いうちには何も気にならないが、中年以降になるとグルコサミンとコンドロイチンが少なくなり、痛みが生じやすくなります。つまり、補うことができれば、痛みを抑えることができます。よってドラックストア等でグルコサミン製剤を購入すると少しはましになります。商品は価格によってさまざまあります。効果もですが他成分との組み合わせも大切です。関節の柔軟性は年齢と共に低下していきますが、若いうちから対策をしていると少しは膝の痛みがましになります。痛みが出る前にグルコサミン製剤を飲むことも効果的で、痛みが出てからでも効果が期待できます。高齢のからもかなり使われています。

副作用が少ない

グルコサミンは医薬品ではないため、基本的に副作用はありません。ただ少量の水で飲むと少し膨らむため、のどで炎症を起こすことがあります。つまり、コップ1杯の水で服用することで副作用はほとんどなくなります。高齢者が服用される場合は少し注意が必要です。誤飲しないように気を付ける必要があります。誤飲を防ぐためには少し粘度のある飲み物がおすすめです。水よりはお茶で服用することによりグルコサミンの成分には影響せず安全に使用できます。最近の研究ではグルコサミンは軟骨成分となる以外に様々な効果が見出されています。膝にはコンドロイチンとの併用も有効であり、すでにコンドロイチンを服用されている方でも効果が重複しないため効果が期待できます。