膝の痛みに飲んでアプローチ|衰え知らずなカラダづくり

運動

中年以降に

人体

グルコサミンは関節の痛みに有効であり、コンドロイチンと少し作用が違うため、どちらも併用することがお勧めです。副作用もほとんどないため、高齢者でも安全性の高い成分です。若いうちからの服用は膝の痛みを抑えることにも有用です。

View Detail

軟骨が減少するのです

ひざ

負担がかかっています

人は加齢により膝の軟骨がすり減ってしまいます。軟骨はクッションのような役割をしており、骨と骨とが直接こすれないようにカバーして、骨を守るはたらきをしているのです。膝がなめらかに動くのも、この軟骨のおかげで、軟骨には常に大きな負荷がかかるため、少しずつ減っていってしまいます。若いうちは、軟骨の再生能力が高いのですり減っても補うことができます。しかし30歳代をピークに50歳を過ぎると再生能力が衰えてきます。軟骨が減るスピードに再生が追いつかなくなるのです。軟骨が減った膝は、骨と骨とが直接当たるようになり、神経を刺激します。これが膝の痛みの主な原因となっています。膝は関節の中でも可動域が広く、負荷がかかりやすい部位なのです。

痛みを減らすには

つらい膝の痛みを軽減させるには、膝を過度に動かさないことです。しゃがんだ動作から立ち上がるときには、頭や上半身を持ち上げるのでかなりの重量がかかります。荷物を持ってこの動作を行うと負担は増大します。かつて普通に行われていたウサギ跳びが行われなくなったのは、この膝への負担理由です。膝に負担をかけないよう、手すりにつかまるなどの拝領が必要です。筋肉を鍛えることも有効です。膝の骨を支える筋肉を鍛えることで、筋肉のサポーターを作るのです。腰痛の予防で腰の筋肉を鍛えるのと同じ原理です。すでに膝の痛みが出ている場合には、運動以外に食事で軟骨成分を補うのがよいです。その方法として膝の痛みに特化したサプリメントの利用が手軽でおすすめです。サプリメントであればどこかに持ち運びするもの簡単ですし、何より沢山摂取することなく必要成分が補えます。高齢者のためにと飲みやすいサイズのものもあるので安心です。筋肉も日頃からなるべく鍛えるようにしながら、サプリメントも上手に活用していきましょう。

酸化を防ぐ健康食品

サプリメント

活性酸素は他の物質から電子を奪います。老化現象や病気の原因となるので、活性酸素に電子を与えて安定させる抗酸化物質の健康食品は、注目されています。活性酸素は毎日増えていくので、抗酸化物質は毎日摂取することが大事です。野菜や果物からでも摂取できますが、健康食品の方が手軽な分、毎日摂取しやすいです。

View Detail

健康を良くする効果

飲料

グリーンスムージーは、とても人気のある飲み物となっています。その理由としては、健康維持とダイエット効果が挙げられます。特にグリーンスムージーの生の緑色の葉物野菜を使う事は、体の健康を良いものにしてくれるのです。

View Detail